逆浸透膜式浄水器

水中の放射性物質の除去には逆浸透膜式の浄水器が効果的だということが知られています。
非電化工房では被災地支援のため信頼できる浄水器を緊急輸入し、実費で提供するという活動を行ってきました。
水道水・井戸水の放射能汚染を心配しての相談が引き続き多数寄せられています。
在庫に少し余裕ができましたので、一般の方にもご提供することにしました。
交換用フィルターカートリッジはこのページ下部よりお申し込みいただけます

逆浸透膜式浄水器
品番:S-001-01
¥50,000
【製品の特徴】
− 設置のサポートはできません −
非営利での実費提供ということもあり、非電化工房では設置に関するサポートができません。
予めご理解ご了承の上お申し込みください。
【逆浸透膜とは】

逆浸透膜(Reverse Osmosis Membrane)とは0.001マイクロメートル程度の微細な孔のあけられた人工の半透膜です。水の分子はかろうじてこの孔に通れますが、水の中に溶け込んだ不純物は通ることができないため、この膜を通した水は純水となります。

1950年代の米国で海水を淡水化させる技術として研究が始まり、現在では家庭用浄水器のろ過膜としても使われています。

【製品仕様】
造水量約132.5L/日
貯水タンク約7.6L(圧力密閉式) 34.3×20.3×22.9(cm)
適用水道圧2.75気圧 〜 6.9気圧
※ 取付場所の水道圧が低い場合、市販の補助ポンプと圧力スイッチを利用して加圧することができます。詳細はお問い合わせください。
使用温度4.4℃ 〜 37.7℃
製品重量本体:約7.8kg   タンク:約6.5kg(満水時)
付属部品本品を取り付けて使用するのに必要な基本部品が一式含まれています。ご使用箇所の配管の形状によっては別途アダプタ等をご用意いただく必要があります。

<本品に含まれる主な部品>
浄水器本体(第一、第二段階プレフィルター組込済)、逆浸透膜フィルターカートリッジ、ポストフィルターカートリッジ、給水分岐アダプタ、排水ホース取付アタッチメント、浄水蛇口、ホース一式、フィルタ一式、貯水タンク、取扱説明書日本語訳
【取付方法】

この浄水器の取り付けには以下の工事が必要です。

  1. シンクの上面にドリルで穴(直径30mm程度)をあけて浄水蛇口を設置する
  2. シンク下で水道管を分岐して、浄水器本体に給水する
  3. シンク下で排水管に穴をあけ、浄水器本体の排水ホースを接続する
  4. 浄水器の各部品(タンク、フィルター)と給排水ホースを接続する

水道管、排水管の分岐に標準的なアタッチメントが付属しています。(配管の形状によっては別途アダプターをご用意いただく必要があります。)上記1〜4ができる方ならDIYでの施工も可能ですが、自信のない方はお近くの水道管工事店にご相談ください(水漏れ修理を主な業務としている業者では取付に対応していない、または工事費用が高額になることがありますのでご注意ください)。施工の詳細は設置工事マニュアルをご参照ください。

標準的な施工に必要な工具電動ドリル、ドリルビット(3mm、5mm、6mm、10mm)、ホールソー(30mm)、センターポンチ、モンキーレンチ2ヶ、ドライバー(+、−各1ヶ)、ヤスリ

※ 設置箇所の状況によりその他の工具が必要になることがあります。
設置工事マニュアル↓ ダウンロードできます ↓
  設置工事マニュアル(参考和訳)PDF
  配管参考図PDF
【フィルターカートリッジ】

本製品には全4種類のフィルターが使われており、それぞれ交換時期が異なります。
交換用のフィルターカートリッジはこちらからお申し込みいただけます。

[S-001-02]


名称: 第一フィルター
構造: PPファイバー
交換目安: 6ヶ月毎
価格: 1,000円
[S-001-03]


名称: 第二フィルター
構造: ブロック活性炭
交換目安: 6ヶ月毎
価格: 1,500円
[S-001-04]


名称: 第三フィルター
構造: 逆浸透膜
交換目安: 12〜18ヶ月毎
価格: 10,500円
[S-001-05]


名称: 第四フィルター
構造: 粒状活性炭
交換目安: 12ヶ月毎
価格: 5,000円

【お問い合わせ】

本製品に関するご質問は 非電化工房までお問い合せください

HOME

Copyright 2011 Hidenka Kobo Inc. All rights reserved.